乾燥による小じわのメカニズムと改善方法!

気になる小じわは放っておくと、のちのち大きなしわが肌に刻まれていってしまう可能性もありますし、一度深く刻まれてしまうとなかなか元に戻すことはできません。

できるだけ早めに対処して、小じわや大きなしわが発生することを防いでいきたいところです。

小じわができるのは乾燥も大きな原因の一つ。

そこで、今回は、乾燥による小じわのメカニズムと改善方法について今日からできる方法ついてわかりやすくご紹介していきます。

乾燥で小じわができるメカニズム

小じわとは、目元や口元を中心に皮膚が薄い場所に細かいシワが刻まれている状態を指します。

笑った時に出る目尻のシワはチャームポイントの一つです。

しかし、何もケアをせずにそのまま放置していると、くっきりと刻まれる小じわに繋がりやすいので注意しないといけません。

小じわの原因はたくさんありますが、その中でも代表的なのは肌の乾燥!

肌がカサカサと乾燥している女性ほど、小じわが形成されて実年齢よりも老けて見られる原因になりますよ。

以下では、肌の乾燥で小じわができるメカニズムについて簡単にまとめてみました。

  1. 元々の肌質やスキンケア不足で肌がカサカサと乾燥する
  2. 表皮のNMF(天然保湿因子)やセラミドを含む角質細胞間脂質が減少する
  3. 肌のバリア機能が弱まって水分が蒸発し、潤いが失われていく
  4. 肌のキメが粗くなって小じわなどのトラブルが目立ちやすくなる

ちりめん状や線状のシワが目立つようになってきた方は、肌の乾燥が引き金だと心得ておくべきです。

小じわは肌の乾燥以外でも引き起こされる!

小じわの原因は肌の乾燥だけではありません。

下記のように様々な原因が積み重なって小じわが深く刻まれる傾向があります。

  • 加齢による影響で肌の水分保持力が低下する
  • 女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少している
  • 太陽から降り注ぐ紫外線によるダメージを受けている

小じわを解消して若々しい肌をキープしたい女性は、身体の内側と外側の両方から対策を行わないといけません。

乾燥による小じわの改善方法はこれだ!

このページでは、乾燥による小じわの改善方法をいくつか紹介していきます。

肌の老化は20代の後半から始まっていきますので、ちょっとしたサインが出た方も早めにケアしましょう。

保湿重視のスキンケアを行う

乾燥による小じわの改善方法は至ってシンプルで、保湿重視のスキンケアが欠かせません。

年齢を重ねると保湿成分が減少してただでさえ肌の水分保持力が低下しますので、潤いを与える保湿ケアは必須ですね。

次の3つに該当する女性は、乾燥肌を招いて小じわが深くなりやすいので気をつけましょう。

  • 熱いお湯を使って洗顔をしている
  • 化粧水をつけてからすぐにメイクをしている
  • 乳液やクリームなどのアイテムを使っていない

忙しいから…

面倒だから…

という理由で日々のスキンケアをおざなりにしていると、乾燥による小じわが進んでいきます。

そこで、スキンケアになるべく時間をかけたくない女性は、オールインワンクリームのシマボシラスターリッチクリームを使ってみましょう。

シマボシラスターリッチクリームは1つで、化粧水や美容液など複数の基礎化粧品の役割を果たしてくれます。

保湿を促す卵殻膜エキスやフラーレンなどの成分もたっぷりと濃縮されていますので、シマボシラスターリッチクリームで小じわのケアを始めてみてください。

▼▼今なら70%OFFで、合わなければ30日間返金保証アリ▼▼

<<シマボシラスターリッチクリームの公式ページはこちらから!!>>

加湿で室内の湿度を高める

乾燥による小じわを改善したい方は、スキンケアだけではなく加湿で室内の湿度を高めてみましょう。

秋から冬にかけての季節は特に肌が乾燥しやすいため、加湿はとても大事です。

以下では、どのような方法で加湿すれば良いのかいくつか挙げてみました。

  • 気化式(ヒーターレス)やスチーム式、超音波式などの加湿器を部屋に置く
  • カーテンや観葉植物に霧吹きをして湿度を上げる
  • エアコンではなく石油ストーブやガスファンヒーターを使用する
  • 加湿効果の高いアレカヤシやオーガスタなどの観葉植物を置く

私たちの肌には60%~70%の湿度がベストですので、部屋の中の湿度をこまめにチェックしてみてください。

季節に関わらず紫外線対策を徹底する

 

日焼け対策は夏場だけで良いでしょ?

とイメージしている方はいませんか?

確かに紫外線の量が増えるのは夏場ですが、小じわ対策には秋や冬の季節も同じように日焼け対策を徹底すべきです。

紫外線は小じわ以外にもシミやくすみなど様々な肌トラブルの原因になりますので、極力浴びないように工夫する必要があります。

最も手軽にできる紫外線対策は日焼け止めの使用!

日焼け止めの効果の高さは、下記のようにSPFとPAの数値で決まります。

  • SPFの数値が高いほど、UV-B(紫外線B波)を防ぐことができる
  • PAの数値が高いほど、UV-A(紫外線A波)を防ぐことができる

UV-A(紫外線A波)は肌のシワやたるみ、UV-B(紫外線B波)は肌の炎症の原因になりますので、両方の数値で比較するのがポイントです。

しかし、これらの数値があまりにも高いと肌に加わる刺激も強くなるため、生活シーンに合わせて日焼け止めを選んで乾燥による小じわを予防しましょう。

まとめ

肌がカサカサと乾燥していると、知らず知らずのうちに小じわが増えていきます。

小じわを改善したいのであれば、日々の生活の中で乾燥を防ぐケアが欠かせません。

「保湿を重視したスキンケアを行う」「部屋の中を加湿する」「日焼け止めで紫外線対策をする」といった方法で、乾燥による小じわの改善を目指してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました